建てたい方
直したい方 事業内容 施工事例 会社案内 お問い合わせ
  Topページ > 外断熱スーパーフレーム工法
外断熱スーパーフレーム工法
優れた温熱性能

優れた耐震性
採用メリット
外断熱スーパーフレーム工法は、家全体を外側より切れ目
無く断熱材で包む、外張り断熱方式を採用しています。
その為、気密性・断熱性に優れ、四季を問わず快適な居住
空間をお届けできます。
また、カビ・ダニ、さらには家の腐朽・劣化の原因となる壁内
結露の発生を防ぎます。
外張り断熱方式を採用している外断熱スーパーフレーム
工法は、高気密・高断熱仕様の住宅に適した工法であり、
冬暖かく夏涼しい快適な住まいが実現します。
また、構造に経年変化のないスチールを使っていますの
で、その快適さが永く維持されます。
さらにスチールの特長である熱伝導の良さが冷暖房の
効率を高め、住居内温度を均一化し、快適な住まいが
実現できます。
壁内結露は目にふれない場所で進行し、気付かないうちに壁内部にカビ・ダニが発生するとともに、
断熱性能が徐々に低下します。
また、壁内結露が原因で家の構造を支える重要な部分の腐朽にまで至ることがあります。
外断熱スーパーフレーム工法は、外張り断熱方式によりスチール(薄形軽量形鋼)が室内とほぼ同じ
温度レベルになることで結露の発生を防ぎ、住宅をカビ・ダニから守る健康な住まいが実現できます。
PageTop
外断熱スーパーフレーム工法は、スチールと構造面材を使用した「壁構面」と、薄板軽量形鋼と構造
面材を使用した「屋根構面」「床構面」とで構成された、枠組壁工法です。
3階建の場合、1階の耐力壁は2階建ての2倍以上の荷重がかかりま
す。外断熱スーパーフレーム工法は、耐力壁に、合板に代わる面材と
して「窯業系面材」を開発し、中規模地震・大規模地震時要求される高
いエネルギー吸収性能を実現しました。
外断熱スーパーフレーム工法は、厳しい設計基準によって設計されています。例えば阪神淡路大震災
クラスの大地震時にも安全であることを、超高層建築物と同様の手法を用いて確認しています。
さらに物件1件毎に、壁の配置のバランスをチェックし、台風などの強風に対して木造2×4の1.5倍の
基準をクリアすることなど、高い安全性を確認することが義務づけられています。
耐力壁加振試験
(日本鉄鋼連盟と建築研究所の
共同研究)
実大モデル水平加力実験
(建築研究所:日本鉄鋼連盟が協力)

耐力壁せん断試験
PageTop
● 施工期間の短縮化と施工の省力化でコストを削減
● 品質、価格の安定した薄板軽量形鋼部材を使用
● 標準化された設計による最適な部材調達
減価償却年数
外断熱スーパーフレーム工法
19年
鉄骨造
34年
RC造
47年
※住宅性能評価では高耐久性の認定を得ております。
● 外張り断熱方式でランニングコストを低減
● 光熱費削減による利益向上
● 壁式工法は、柱、梁のない凹凸レスを実現
● 隅々まで使える居住、収納スペースの増加
● 耐火構造により都心の防火地区での建設が可能
● 火災保険は鉄骨造扱い

PageTop

建築 土木 不動産分譲
改修

 

林建設株式会社 (HAYASHI CONSTRUCTION Co.,Ltd)

創業 明治39年。調布で100年の歴史とともに、建設業のプロとして、地域で育まれた林建設。

土地活用のご相談から、新築・リフォーム・耐震補強、戸建賃貸など、皆さまの暮らしを応援します。

〒182-8512 東京都調布市小島町2丁目56番地3 TEL:042-486-1111 FAX:042-486-1120

copyright
お問い合わせ サイトマップ Topページ サイトマップ