「災害時の基礎的事業継続力」(BCP)を関東地方整備局より認定されました。

災害時の基礎的事業継続力(BCP)

「事業継続計画」は災害等(地震、水害、その他)で社員、設備、施工中の現場、協力会社などに相当の被害を受けたとしても、重要業務を継続する事を目的に策定するものです。

地元の建設業者として災害時に地域の救助・復旧活動にあたり、皆様の期待に答える事を目的としております。

2011年の認定より、随時見直しを行ない関東地方整備局により求められる要件を備えております。

2019年 継続認定

2017年 継続認定

2015年 継続認定

2013年 継続認定

2011年 認定

トップへ戻る